--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Runawayのあれこれ

2010年12月22日 09:46

3ヶ月ぶりの更新とか久々すぎだろう……。
というわけで、新作を10日ほど前に上げたのですが。




観ていただいた方どうもありがとうございました。
おかげさまで非常に好評を頂きまして、なんと3,000再生300マイリスを突破するという嘘みたいな事になっています。
まさかこんなに伸びると思ってなかったので、非常に嬉しいのですが次回作へのプレッシャーががが、とならないように頑張ります。


今回の動画はもともとは1周年記念動画のつもりでした。
1周年記念はゼッタイ1作目のJamiroquaiのリベンジにしようと決めていたので
Cosmic Girlの時と同じはるゆきみきトリオにギャラクティックブーケを着せたんですね。
ギャラクティックブーケとJamiroquaiの相性いいですし、
あと単純にギャラクティックブーケの色のバランスは素晴らしいと思いますしね。

今回の新作は背景と文字オブジェクトをとにかく動かすことと色調補正がテーマです。
おまけで実写合成も初めてやってみましたが、あれは難しいですねーw
明るい背景なのでそんなに難しくないだろうと思いきや
どうやっても書割の前で踊ってるようにしか見えないという…。
満足いく出来ではないですが、あれが今の自分の限界ということで。

作り方を少し。
背景と文字は全部Photoshopで作ってます。

sample3

全然難しいことはしてません。
元動画が640×360で背景を動かすことを前提としているので、ファイルは1280×720で作成します。
ピクセル数は…今回は300で作りましたが、幾つぐらいが適正なのかは分かりません。スイマセン^^;

新規ファイルを開いたら、50%グレーで塗りつぶしたレイヤーに
レイヤースタイルでパターンオーバーレイでテクスチャを貼り付けます。
その上に新しいレイヤーをつけてグラデーションをかけたものをオーバーレイで重ねます。
レイヤースタイル→パターンオーバーレイ→グラデーションオーバーレイでも同じことができます。
その上に素材を配置して、描画モードと透明度をいじってしっくり来るまでパラメタ調整します。
その上にフォントを重ねます。
この画面の背景は、文字にもテクスチャが欲しかったので適当にテクスチャ素材を引っ張ってきて
テクスチャ素材レイヤーをクリッピングしました。描画モードも変えてます。

背景を動かすのでオブジェクトをどこにどのように配置するかをある程度決めておくといいと思います。
背景のどこにアイドルを置くか、そのあと背景がどう動くのか(あるいはカメラがどう動くのか)
考えておくとオブジェクトは置きやすいと思います。

これだけのことなので、多分Photoshopじゃなくてもフリーソフトで十分できると思います。
フィルタを全く使用していないので、GIMPでいけるんじゃないかなー。
GIMP使ったことないですけど。

似非3D背景も作ってみましたが、カメラをほとんど動かしてないので3Dの意味がまるでないという
徒労のお手本のような背景がこれ

sample4

こっちはもうちょっと複雑なことしてます。
複雑で説明がメンドクサイので(おい)、説明は気が向いたらしますw
簡単に言うと、雲模様フィルタ→モザイクフィルタ→レイヤー複製→輪郭検出フィルタ→色調反転→新規レイヤーをグラデーション(虹色)→球面フィルタで凹ます→外側がちょっと平面になってるけどカメラで映さないからキニシナイ→シンボルマーク配置→球面フィルタで(ry→地面レイヤー作成→グラデかけてマスクする→地面レイヤーに合わせて格子と雲模様レイヤーにもマスク→シンボルマーク反転してマスク→地面レイヤーにレイヤースタイル(サテン)→レイヤースタイル切り離して色とか調整

こんな感じ。
あ、これで説明になってる気がするな。
めんどくさかった割にあんまり活躍してないションボリな背景です。
いや綺麗だと思うけどさ。

今回は文字要素、背景要素、動画素材で大体120個ぐらい用意しました。
動画素材で40個くらい。
意外に少なくてビックリです。

何か他にも書こうと思ったのですが、背景の説明してたら忘れてしまいました。
思い出したら書きますw

アイマス2とニコマスについての徒然その2

2010年09月28日 07:56

 前のエントリからの続き。
 前のエントリはアイマス2について。
 このエントリはそれを受けた上でのニコマスについて。

 そんでまあ、この騒動のおかげで自分が「アイマス」と「ニコマス」についてどういう捕らえ方をしているのか改めて色々と考えることが出来た。
 そんで、こっちの方が俺にとっては重要なんだってことがわかった。

 この騒動の最中、凄く不思議で、とっても嫌な事があって。
 何でニコマスがあんなに荒れてるのかってこと。
 アイマスが荒れるならわかる。凄くよくわかる。
 流石に法に触れるようなことは自重しろよって思うけど、心情は理解できると思う。
 でもニコマスが荒れるのは良くわからん。

 自分の知ってるニコマス界隈ってもの凄く寛容なイメージがあって。
 ニコマスに飛び込んでくる人は誰であれ「ようこそよく来たまあ飲め」みたいな感じで諸手を挙げて迎えて、何らかの事情で去る人には「いつでも戻って来いよ」って寂しそうな顔で見送って、ひょっこり戻ってきた人には「よく戻ってきた待ってたぜさあ飲め」って大喜びで迎え入れる、そういう所だと思ってる。
 なのに、今では2関連の動画とかブログコメとか掲示板とか、至る所で罵り合ってる光景が見られる。

 ネガティブな意見ってのは別のネガティブな意見を引き寄せやすいものだってことはわかる。
 ネガティブが行き過ぎて感情論の応酬になっちゃうと、お互いがお互いを罵り合うハメになることもまあわかる。
 匿名性がそれを助長してるんだってことも、嫌ってほど見てきたからわかるんだけど。
 ただ、俺の知ってたニコマスではこうなるはずないと思ってたんだよね。

 んで、考えた。
 何でこうなったのか、ってコトと、何で俺はこうならないのかってコト。
 何でこうなったのか、って事に関しては、色々可能性がありそうなので今でもよくわからん。
 何で俺はこうならないのかって事なら、多分こうなんだろうな、ってことが一つだけある。
 多分俺、アイマスよりニコマスの方が好きなんだ、っていう。

 律子がプロデュースできないのは今でも納得いかないけど、それはアイマスというゲームの話。
 ニコマスっていうカテゴリ(というかジャンルというか表現方法というか)なら、律子のプロデュースはたぶん出来る。
 捏造グラでノベマス作ってもいいし、律子が出てるPV使ってPVMAD作ってもいいし、音源使って音MAD作ってもいい。やりたいことは多分(クオリティはともかくとして)何でもできる。
 努力さえすれば、律子プロデュースは出来てしまうのだ。
 そんで、俺はそうしようと思っている。
 だからニコマスに対しては結構寛容だったりする。

 あと、単純にアイマスを「素材」として見ることできるのもニコマスPの強みでもあるわけで。
 そりゃアイマス愛的な観点からコレに否定的な人がいるのは承知しているけども、そこは人それぞれだと思うし、コッチの考えを押し付けるつもりは全然ない。ただ俺はこう思っているってだけ。
 んで、「素材」の面を考えたらあれはヤバイ。
 単純に3人プロデュース、5人プロデュースで表現の幅が広がるし、振り付けも多分新しいし、おまけに男までいるw
 これでワクワクするなといわれても俺には無理だ。
 欲を言えばソロプロデュースが欲しかったところだけど、無理らしいのでそこは創意工夫。

 そういうわけで、男アイドルに関しては自分はウェルカムです。
 ゲーム本編でも恋愛要素はないらしいし、同人系は見たいものだけ見ればいいと思っているので。
 この辺は動画とスタンス一緒かな。

 話を戻す。
 で、思ったわけだ。
 自分はアイマスとニコマスを完全に別物として考えているんだなあと。
 だからニコマスに対してはそんなに荒んだ気持ちにはならないんだなあと。

 もしかしたら、自分のニコマス歴とアイマス歴の差が出てるのかもしれないとは思う。
 ニコマス歴は、覚えてる限りでは2008年下半期ぐらい、アイマス歴は2009年上半期ぐらいから。
 どちらも古参の人たちから比べれば随分とヌルいもんだと自覚はしてる。
 付き合いの長さと思い入れの深さが関係するとは思ってないし、荒れるかどうかなんてのも思い入れとは全然関係ないと思っているのでそこは置いとくとして、ニコマスとアイマスを区別しちゃうのはニコマスから先に入っているからなのかなーって。
 正解はないので考えるだけ無駄かもしれないけどね。

 で。
 不思議な方はこんな感じなんだけど、悲しい方。
 アイマス2の不満からなのか、ニコマスが荒れてるからなのか、色んな方が界隈から去ってしまっている現状。
 これが何より悲しいし、残念でならない。

 否定するわけじゃないです。
 行くも去るもその人の自由。
 ただ、その方々に対する惜別の思いと、少し自分の身を置いている界隈が寂しくなってしまうなあという感傷です。
 上にも書いたけど、「いつでも戻って来いよ」と寂しい顔をして思うのです。
 もちろん戻ってきてくれたら「よく戻ってきた待ってたぜまあ観ろ」と酒代わりに自分の動画を差し出すつもりです。

 あと何かね、みんな犯人探しに必死になってる気がするんだ。
 アイツが悪い、コイツが悪いって。
 公式がああいうゲーム作るのが悪い。
 公式に味方するアイツも悪い。
 公式のPV使ってるアイツも悪い。
 アイツの擁護するアイツも悪い。
 公式に敵対するコイツが悪い。
 コイツを擁護するコイツも悪い、みたいな。

 何が悲しいってちょっと前まで寛容だと思ってたニコマス界隈がここまで狭量になっちゃってるように見えること。
 匿名だから余計にそう思う。

 別に争うなとまでは言えないけど。
 争っていいとも言わないけど。
 ニコマス界隈にだって色んな価値観があるのはわかるし。

 今の状態って殴られたからとりあえず殴り返した的な感じがする。
 そんで、お互いが「どっちが先に殴ったか」で争ってるの。
 んで、お互いが「こっちの方が数が多いから正しいんだ」って言ってる。
 匿名で。
 そんな感じ。
 それが楽しいならまあしょうがないけど、俺は全然楽しくない。
 俺的には、しょうがないし止められないけど、できればニコマスではやらないでほしいなと思うわけです。
 止められるもんじゃないのもわかるので、あくまで希望というか要望なんですけどね。
 押し付けはしませんが。
 まあ、中には面白半分で煽ってる人たちもいるんでしょうし、そういう人たちが作り出した空気だと信じたい気持ちはあります。
 いずれにせよ、できれば建設的な方向でケンカしてもらいたいなーと。
 相手を排除するのを目的にしたケンカで、結果ニコマスPがいなくなってしまうのは忍びないので。


 ニコマスに関してはこんな感じかな。
 グダグダと長文を垂れ流したけど、結局言いたいことはシンプルで、
 「俺はアイマス2で動画作るよ」
 「出来れば相手を排除するようなケンカはしないでくれよ」
 「どうしてもやるならよそでやってくれよ」
 ってことですね。

 マジ長文乙orz

 あとはまあ長文ついでに。
 界隈の騒動に疲れてる人は是非mizuchiPの素晴らしい動画を見て元気になって行ってね!w


ろっくんろーる・だーりんっ!のアレコレ

2010年09月22日 02:13

 というわけで、5作目です。



 色々、色々ほんっとーに色々言いたいことはあるんですが。
 それについてはまた書きます。

 とりあえず元気出していきましょうよ。
 悩むこととか多いかもしれませんけど、コレ見たら絶対元気出ますって。
 悩んだり迷ったりすることはしょうがないと思います。
 自分だってまだ割り切れてません。
 
 でも悩んでネガったってなーんにも解決しませんから。
 だったらせめて、みんなが見てるところではポジティブに行きたいですよね!

 とか、まあ、そういう動画です。


 ちなみに、前回作ってるよーと言っていた律子動画は止まってます。そりゃもう見事に。
 止めたのは(その時は)単純に技術的に行き詰ったからです。
 で、気分転換に元気いいの作ろうと思ってこの動画作り始めたところでアイマス2の情報が来たんですよね。

 いやーショックでした。
 発表後しばらくはTwitterに凹みpostしちゃいましたし。
 今も再開しようかどうしようか悩み中ですし。
 多分作るとは思いますけど、いつになるかはわかりませんねー。
 技術的にも追いついてないしね!w

 まあ、この動画も技術的には酷いんですけど。
 亜美真美同時ステージは出来ないので合成してるんですが……。
 ヒドイですよねコレw
 所々合成の境目が丸見えですしw
 あからさまに色調補正失敗してる所もありますしw
 その辺は勢いで押し切ってる感じなので気にしないでくれると嬉しいですw
 技術的にはともかく、楽しさ全開を目指して作った動画なので、そこのところを見てくれるともっと嬉しいかなーって、やよいも言ってました!

 そうそう、今回の亜美真美やよいで作った理由は、来年から中学生じゃなくて去年から高校生な亜美真美が大好きな同期の某Pに「律子とかいいから早く亜美真美作れよおうコラ」と言われたからです。
 やよいも一緒なのは、自分の動画で亜美真美やよいだけ出たことがなかったからです。
 こんな理由で作り始めてスイマセン。
 あ、でも、今はこの3人で作ってよかった、って本気で思ってます。
 なんというか、年少組は元気の象徴のような気がするんですよね。
 明るくて元気でポジティブ!
 まさにこの動画にピッタリの3人です!
 ね、楽しそうでしょ?

 
 曲もすっごいイイですよね!
 TSUTAYAの有線で聴いてソッコーで借りてました。
 もう全曲オススメですよ!
 The Mercies!
 カッコいい!
 彼女らは平成生まれのガールズバンドです!イカス!(昭和の褒め言葉)





 まあ、そんな感じのアレコレでした。 

なんとなく更新

2010年09月03日 10:57

 生きてますよー。

 前回の更新から1ヶ月以上経過ですね。
 つなぎという訳ではないのですが、生存報告もかねて徒然。

 動画を作っているわけですが。
 これが進捗が出なくてですね、困ってるわけです。

 進まない理由は明白でして。

 長いんですよねー。
 4分近くあります。
 ワタクシが作った動画(といっても4作ですが)の中で最長なんですけど。
 これがもう作れども作れどもタイムラインが埋まらない。


 今回も色々と挑戦していることがありまして。

・ステージを使わないこと
・実写合成を使うこと
・元PVを意識すること(技術的にトレスは厳しい…)

 でございます。
 正直な話、3番目がなければ実はタイムラインはもう埋まってます。
 何で3番目を意識するかといいますと、元PVにはすごーくカッコイイシーンがあるのですよ。
 これをやりたくてこの曲をやるんだ!って決めたぐらいです。

 実はちょっと問題もあります。

 実はこの曲、既にもうニコマスMADとして上がっています。
 いわゆる、曲被りですね。
 そんでまあ、そのMADは自分なんか足元にも及ばない有名な方が作成されてまして。

 ある程度曲のイメージでこういう流れで行こう、と決めたところで曲被りに気づきました。
 ショックでしたーw
 確かに有名な曲ではあるので、曲被りが頭になかった自分が迂闊すぎるのですが。
 自分は普段ちょっホイ(おっホイとは言いたくない微妙なお年頃です)な曲ばっかり聞いてまして
 MAD作りたい曲もその辺(90年代後半~00年代前半)で結構固まってるんですが、今やってるのは1~2年前の曲です。
 つまり、自分的には最先端!w
 同期のGEN-ZOP曰く、「毎回曲のチョイスが渋すぎる」という蛟が有名曲に挑んだ報いですかねw

 で、すごーく迷ったんですが、結局作ると決めました。
 この辺は制作が終わって無事公開できたらもう少し書きます。
 比較されるのは覚悟の上、貶されるのも覚悟の上です。

 でも怖い!w
 毎日gkbrしながら作ってますw
 この辺も中々進捗が出ない一因なのかなーとも思いますが。
 でもまあ、好きな曲を好きなアイドルで作ってる、というのはとても幸せなことだとも思うので。
 完成したらあのシーンを律ちゃんが踊ってくれる!というのをモチベーションに何とか一歩ずつ進んでる感じ。
 あ、今回は律子さんメインです。



 あと、これはまあしょうがないかなーとも思うのですが。
 リアルの都合上、休みが少ないんですよね、ワタクシ。
 しかも現在夜勤の身の上なので、結構時間の融通が利きません。
 夜勤クラスタで一番の悩みは動画の作り方を気軽に相談できる人が同時間帯に中々いないことです。
 しかもPEに特化した悩みだったりするので、その数が更に絞られてしまうというw
 普段はコミュニケーションツールとしてTwitterを常用していますが、それ以外をほとんど利用してない。
 IRCなどが利用できればいいんですが、そういう相談が出来るチャンネルもよく知りませんし。
 たまに接続しても自分の知ってるチャンネルはたいてい人がいないのですw
 まあ、これはそういう環境を開発してない自分のせいなので、だからあーだこーだということではないですけど。


 あ、ぷちます2巻読みました!(今更)
 ヤバイですねー。可愛いですねー。
 律ちゃんが「ダーリン」って呼ぶところ、是非見たいですねー。
 明音さんの律ちゃんはホントいい。
 自分は律子派なので、イイ律子さんを見るとなんかもう色々と幸せになれますね。
 ぷちもみんな可愛くて大好きなんですけど。
 今のところ一番のお気に入りはちひゃーだったりします。
 しぐさの一つ一つがいちいち愛らしくてもう大変です。
 なんか犬っぽいんですよねちひゃー。
 他のぷちよりちょっとだけ頭よさそうに見えるところもお気に入りです。(除くちっちゃん)

 まあ、そんな感じでした。
 徒然と宣言しただけあって長いなーw

 次は公開後の更新にしたいところですね。
 できればあと1週間くらいでアップしたいです。
 自分の誕生日も近いことですし。
 誕生日はMADにもアイドルにも全く関係ないけどねw

2010年上半期ニコマス20選懺悔編と09年下半期懺悔編について

2010年07月21日 09:55

 というわけで。
 何がと「いうわけで」かはともかくとして、2010年上半期ニコマス20選の懺悔編です。
 20選に入れたくても入れられなかった素敵な動画たちのご紹介。


○2010年上半期ニコマス20選の候補たち


 紹介っていうか、マイリス紹介です。
 ちょっと全部紹介しきれる自信がないので、マイリスを貼っておきます。
 是非ご覧くださいませ。

 この件に関してもう1点。
 昨年の下半期20選懺悔編についてです。

 なんというか、このブログは動画紹介を昨年からずーっとやってきてたんですけど、今年の3月になってから仕事が忙しいのと(ちょっとだけ)動画作りを真面目にやりだしたのとで更新頻度が著しく落ちてしまいました。
 2009年下半期懺悔編も含め、動画紹介という形を取るのが難しくなってしまったので、大変申し訳ないのですが代わりにマイリストを貼らせて頂くことにしました。

○2009年下半期ニコマス20選の候補たち



 自分のエントリを定期的にごらんになっている方が果たしていらっしゃるのかどうかはわかりませんが、もしこの動画紹介を楽しみにしておられた方がいらっしゃいましたら、深くお詫びを申し上げます。
 自分がやりだしたことをこのような形で辞めてしまうのは申し訳ないと思うのですが、エントリを作成する時間や動画を改めて観る時間も最近は確保できず、また「更新しなきゃ」と義務感に駆られてしまうと途端に手とか気とかが進まなくなる捻くれた性分のため、このような形をとらせていただくことにしました。
 趣味でやっていることだから、と開き直ってこっそりフェードアウトさせることも考えたのですが、それはそれで何となく落ち着かないな、と思い直してマイリスだけは貼らせて頂きます。
 今後リアルの事情が変われば更新頻度は多少上がるかもしれませんが、それでもこの件に関してはここまでとさせていただきます。
 ご了承いただければ幸いです。


 ここまで言って懺悔編なんて誰も観てなかったりしたら、俺は自意識過剰の馬鹿野郎だ。
 それはそれでネタになるからいいけど。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。