--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新マウスを使ってみた

2009年08月06日 21:20

 仕事で使用しているノートPC。
 薄型で軽量モデルを第一優先に考えていたので、周辺機器の不便っぷりに耐えかねる。タッチパッドもいいんだけど、何か感度良すぎてポインタが飛ぶ。文章書いてる最中にこれやられると本気でイラつく。

 で、ヨドバシで色々サンプルを触ってみて、一番しっくりきたマウスを購入。これ。
 おれの手にジャストフィット率が半端なかったのが購入の決め手だった。まるであつらえたかのように完璧。ホントはホイールがボールだったらなおよかったのだけど、とりあえずドライバインストールで横スクロールもできるみたいなので文句は言わない。
 ボタン一つでcpiを800と1600に切り替えられる装置つき。欲を言えば400も欲しかったところだけど、まあ普段使っているマウスにはそんな機能着いてないのでやはり文句は言わない。

 で、使ってみたら確かに俺の右手になじんでいるから使いやすいのは確かなんだが。
 それ以上にブラウザの「進む」「戻る」ボタンが便利すぎてもう死にそうだということに気がついた。
 このマウスは親指側にボタンが二つ付いていて、それぞれブラウザの「進む」「戻る」に対応しているんだけど、こいつらの使いやすさったらまあ大したもんで。
 今まで当たり前のように行っていたHPの「戻る」「進む」をクリックする操作がこんなに面倒だったなんて思いもしなかった。「マウス動かす」→「ブラウザ左上のボタンにポインタ移動」→「クリック」というたった3アクション。しかし新マウスならさらに省略されて、「クリック」の1アクションで片がつく。

 こうなるともうポインタを左上に持っていくのがめんどくさくて。
 自宅PCのマウスにはこんな便利機能付いてない。なのに自宅でニコ動見てると、動画視聴後ついつい親指がありもしない個所をクイクイと押している。で、2,3回クイクイした後舌打ちしてポインタをブラウザ左上まで持っていくのだ。
 これは非常に細かいことだが、積もり積もればストレスと化す。
 ニコ動でストレスはげとかシャレにならんので、近日中に同タイプを自宅用に購入する。

 それにしても、このボタンの活用は心底意外だった。
 これ応用したらもっといろんな快適環境整備に使えそうだ。
 Photoshopのメニュー一発呼び出しボタンとか。ショートカットより便利なショートカットボタン。誰か作ってくれたら買う。

 問題は、ショートカットの数が多すぎてどのボタンにどの機能を割り当てたか忘れてしまいそうなことだが、まあ、些細なことだ。(そうでもない)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wg2nd.blog24.fc2.com/tb.php/90-6b07d04b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。