--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフ倫が陵辱ゲーム販売禁止だって

2009年06月06日 03:26

 何か今更感漂うエントリ。
 でも気にしないのが王様クオリティー。
 騒動に関してはwikiがあるのでそちら参照。

 ホントにずいぶんあっさり決まりやがったな。ユーザがブログやら掲示板やらでやたらと盛り上がっていただけに、チョイ拍子抜け。
 俺としては「規制やむなし」になるんだろうなーと思っていたので、それより重い「禁止」になったことに驚きはあっても「何で?」という疑問は特にないし、「ふざけんな!」という反発も全くない。
 表現の自由ウンタラカンタラもわからないではないが、元々エロゲなんてとてもじゃないけど世間様に胸張って言えるような物でもないんだし、日陰でひっそりやるのがフツーのゲームにあんまり表現の自由関係ないように思う。いわゆるアングラ的な。アングラなんてものは憲法の保障あるなしに関わらずやりたい放題だろ。規制が何だってんだ。

 で、そういうアングラな物を曲がりなりにも大手流通に乗せているからには日向で大手を振って歩いている連中からいつ何時でもクレームもらうのは覚悟すべきことだと思うんだ。覚悟しておけば対応もできる。
 大手流通に乗ること自体は悪いとは思わない。ていうか調べるにも買うにも便利なので大歓迎。

 今回のソフ倫はまさにその「対応」を正しくやったんだろうと思うし、「法規制」という有無を言わさない大鉈が振るわれる前に自前で処理をしますよ、と言う姿勢を見せた。これは業界自体を存続させる手としてはきわめて正当で、もともとそんなに大きい市場規模じゃないエロゲの、更にそのマイノリティージャンルを切り捨てたからと言ってそんなに痛手じゃないだろう。いや、痛いことは痛いんだろうけどさ。
 あと、俺別に陵辱ゲームに興味ないし(コラ)

 ただひとつ気に食わないとしたら、対応のきっかけになったのが外圧ってのがな~。
 なんつーか、情けなくて父ちゃん涙でてくらぁ、という感じのションボリ感がぬぐえない。これならまだ猟奇事件のスケープゴートのほうが納得できるような。

 閑話休題。
 もう一つ、某掲示板で年齢制限の厳格化について書いたので、その詳細。
 確かに今のエロゲ界って情報が簡単に手に入りすぎるし、ゲーム自体もその気になれば未成年だって簡単に買えると思う。メーカーにとっちゃぶっちゃけ購入してくれるなら誰でもいいわけだし、建前として「ホラ、うちはちゃんと年齢認証をトップページで呼びかけてますよー」という姿勢さえ見せておけば規制を守っていることになる現状は37℃の風呂くらいヌルい。
 では厳格化するとなるとどういう手段をとるべきなのか。
 レンタル店のごとく(あるいはタスポのごとく)ID制にするのか。
 購入時の身分証提示を義務付けるのか。
 ネット購入には代引きや振込みを廃止してクレカオンリーにするのか。

 手段はあれど問題になるのは2つあって、「金がかかること」と「個人情報の扱い」だと思う。
 ID制にすると当然のことながらデータベース化や保守に金がかかる。市場規模がどのくらいだか知らないけど、タスポを例に取るまでもなくユーザのID化は相当時間もかかるだろう。時間がかかれば市場規模は必然的に縮小し、潰れるメーカーもたくさん出そうだ。そうすると必然的により多く儲けなければならず、ゲームの単価が上がる。単価が上がれば益々ユーザーが離れ、結局今の流通を維持できなくなってしまうという負のスパイラル。
 情報管理に関してはもっとひどい。仮にデータが流出したとしたら、それはつまりエロゲユーザの名簿。その名簿に名前が載ってしまった人間はつまり社会的に嘲笑の的になってしまうわけで、まさに死の名簿というに相応しい、世にも恐ろしいものが出来上がってしまう。隠れヲタの自分にとって、それは最大限避けなければならないリスク。エロゲユーザには自分みたいな人間はたくさんいるだろうから、これも市場規模の縮小に絶対に一役買うと思う。

 店頭の年齢認証に関してはさすがにそこまでリスクは高くないとは思うけど、購入者にとっては個人情報を大量に提示するということで、その抵抗感はかなりのものだろう。クレームも出るだろうし、販売店がそれを毎回まともに処理しようと思ったら手がいくつあっても足りなくなるような気がする。
 ユーザがそれを嫌ってネットに流れても、ネットの年齢認証はどうやっても個人情報の開示になるだろうから結局店舗で購入せざるを得なくなる。当然エロゲ離れは進むだろうし、進んでしまったらやはり市場規模は縮小される。

 とまあ、こんな感じで年齢認証を厳格化することでエロゲ業界が衰退する未来図が思い浮かんでしまった。多分回避策はいくつもあるし、俺が思い浮かべたのは多分かなり悪いものなので、実際にはヲタパワーが業界の読みを上回ってしまうことも大いにありうるだろう。
 是非そうなることを願いたい。 

 ここまで書いて思ったこと。
 前回のエントリの頭の悪さが際立つな…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wg2nd.blog24.fc2.com/tb.php/67-a3b5a684
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。