--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCで感動するはずだったのに

2009年03月25日 14:02

 昨日(つーても日付は変わってたけど)、ニコマスの感動を皆に伝えるために必死こいてエントリ書いたわけだが、今日になって衝撃の事実が発覚。

 たぶん昨日は日本中がWBC二連覇に感動していた。

 おそらく日本中のブロガーがWBCに連覇の感動を皆に伝えるため、もしくは分かち合うために必死こいてエントリ書いてるとき、自分はニコマスに必死。
 もうね、どんだけニコ厨だよと自分に言いたい。言って聞かせたい。お前ちょっとそこ座れ。正座しろ。空気読めないのもいい加減にしろよと。

 さらにビックリなのが、自分も夢中になってWBC見てたという事実。
 残塁の山を築き上げ、あと1点が遠い侍JAPANをヤキモキしながら見てました。ダルビッシュが9回二死から同点弾打たれたときは「日本オワタ…」と絶望しましたよ。絶望先生のように絶望しましたよ。
 最後イチローが、あの(WBCに限り)チャンスにめっぽう弱かったイチローが、勝ち越しツーベースを放ったときは震えました。思わず声を上げそうになりました。かろうじて踏みとどまれたのは、きっと仕事中にこっそり見ていたからだと思います。
 ダルビッシュが最後の打者を三振に仕留めたときはほんとに感動しましたし、泣きそうになりました。その日はテンションがあがりっ放しで仕事になりませんでした。て言うかそもそも昨日仕事した記憶がありません。

 まあ、昨日はこんな感じだった。
 ホントにグッと来たんだよ。軽く涙目だったんだよ。
 実際に泣いたのはニコマス見たときだけどな!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wg2nd.blog24.fc2.com/tb.php/49-1ef7cf1c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。