--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の新着動画について

2009年11月02日 20:21

 おそらくニコ動民が最も今回のバージョンアップで注目しているであろう(ソース:俺)、世界の新着動画。
 簡単に説明すると、新カテゴリごとの新着動画をランダムで生放送。
 30秒ごとに「継続視聴」か「やめる」かを視聴者が選択。
 アンケ回答者の5割を取った方を実行、みたいなフェーズ。 

 実は友人に誘われて一度だけ入ったのだけど。(当然「ボカロ・東方・アイマス」カテゴリ。翌日の仕事がしんどかったよ…)
 これがまあ、ものすげえ面白かった。
 友人も言っていたし、ニコマスPさんたちのブログでもちらほら見かけたけど、生MSCみたい。
 30秒ごとのアンケートで生き残りってシステムは良いと思った。
 友人とチャットしながら「これはいい」とか「うーん、これはちょっとなあ」みたいな感じで非常に盛り上がる。
 この試み自体はものすごく評価する。
 運営よくやった。


 ただし。


 この運営生放送、なんと流した元動画に生放送の再生数とコメントが反映されるシステムが付いてる。
 これを知ったときは「運営もきっつい事するなあ」と思ったんだけど。
 実際見てみたら、「きっつい」どころか「運営公認イジメ」になっちゃった、ってのはマズイだろう。

 ていうのも、俺が見ていた時は生放送+サバイバルシステム+サービスが始まったばかりということで、周りの視聴者のテンションが高い高い。
 テンション高いと、当然のことながら動画の評価に対するスタンスの振れ幅もでかくなる。
 しかも運営生だから、視聴者の数も半端ない。(たしか1000人?)
 そうすると、そこまで言わなくても…と思われるようなdisコメも中には出てくるわけで。
 それがまるで弾幕のように流れるわけ。
 生放送にも、元動画にも。

 ちょっと想像してみた。
 まだまだ拙い自分の作品がこの生放送に取り上げられてしまったらどういうことになるか。
 「ボカロ・東方・アイマス」カテゴリの生放送だから、当然ボカロや東方は好きだけどアイマスは嫌い、っていう人もいるだろう。
 普段ならそういう人はサムネやタイトルでそれを回避できるけど、生放送では回避できない。
 つーことは、見たくもない動画を見せられて、しかもサバイバルの命運を握る人たちのコメントが元動画に反映されてしまうということで。
 ゾッとする。
 これは特に経験の浅い映像制作者には恐怖以外の何物でもないだろうと思った。
 これまた色々なところに書かれているけど、マジで運営公認の公開処刑。
 SMILEVIDEOのトップページが13階段に見えるよママン!

 そういうわけで、俺はあれから世界の新着動画を見たいけど遠慮するようにしてる。
 だって、ねえ…。

 つーか運営、なんでこんな機能実装したのかなあ。
 普通に紹介するだけで全く問題ないと思うんだけど。
 そりゃ確かに、カテゴリで分かれているから同好の士が集まりやすい生放送になるとは思うよ?
 同好の士なら讃辞であっても批評であっても心あるものになりやすいだろうし。
 でもカテゴリだって大雑把にしか分けてないのに、それを一緒くたに放送しといて再生・コメント即反映はちょっとないわー。
 荒らし大量発生(っぽく見える動画)になるリスクは容易に想像できると思うけど…。


 まあ、結論として。
 試み自体はものすごく評価。
 これ楽しい。盛り上がる。
 そして新しい動画に出会える喜びもある。
 新着ピックアップにサバイバルシステムを添えた運営のアイデアマンは誇っていい。
 GJだ。

 ただし。
 このギロチン機能だけは即刻何とかするべき。
 これ何とかしないと動画投稿者減るんじゃないか。
 それじゃ本末転倒でしょ。
 再生、コメントは反映させずに生で流せばいいんじゃないかな。
 んで、それこそ動画流しながら、ニコ割みたいな感じで「この動画をマイリス~」とか「この動画に飛ぶ~」とか付けたらいい。
 なんなら、この「元」動画にコメントする~でもいい。(これはちょっとリスク高いか?)

 運営生に取り上げられないように動画投稿者の方で設定できるようにってのもわかるけど、それだと動画投稿者(俺含め)みんな生弾くように設定すると思うし。あの大量の荒らし弾幕はマジで怖い。
 いずれにせよ、このまま放置だけは絶対ダメ。


 俺どうにかしてくれると信じて動画うpするからさ。(まだ作ってる最中だけどな!)


 頼むよ、マジで。


 追記。
 中の人のブログ。
 どうやら動画投稿時に世界新着はじく方向になるっぽい。
 あと再生、コメント、マイリスは表示するみたいね。

 んー…そっちかー…。
 技術的な問題なのかもしれないけど、もう少し踏み込んで欲しかったなあ。
 これじゃ埋もれ発掘にはならない気がするなあ。
 杞憂に終わればいいけど…まあ、試行錯誤か。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wg2nd.blog24.fc2.com/tb.php/127-7c0adfb0
    この記事へのトラックバック

    蛟氏の「世界の新着」観

     前回の記事と関連しますが、二ヶ月ほど前に私が書いた、現在のところ当ブログ史上最長の長文エントリ「世界の新着動画について」を見直し...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。