--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK LAGOON9巻

2009年10月22日 02:56

 ブラック・ラグーン9巻買った。リンクはアマゾン。
 ロベルタリベンジ編完結。
 いやー長かった。
 8巻出てからどんだけ経ってんだよと。

 相も変わらず殺伐殺伐殺伐。
 アクション自体はとてつもなく派手なのに、誰も彼もが破滅に向かって一直線。
 それでも希望を持とうとするもの。
 絶望を胸に戦うもの。
 諦めるもの。
 躍らせるもの。
 そして、観察するもの。


 今回、一番の見せ場は(自分的に)ロック。
 もーロックってばカッコええね。
 表情がドンドン悪党になっていくのがタマランと言うか何と言うか。

 台詞回しは今回も素敵。
 作者は何でこんな洒落たスラングばかりを並べ立てられるのか。
 努力もあるだろうけど、きっとセンスも飛びぬけている。

 そういえば。
 ブラクラはモノローグのシーンがほとんどないので、登場人物の内心をのぞくことが出来ない。
 悪党ばかりが出てくるし、実際やってることは人殺しオンリーだったりするんだけど。
 で、ロックはその中で、自分の立ち位置をどういう風に考えているのか。
 周囲はロックを「悪党」と言う。
 でもロックは自分のことを悪党だとは思ってない。
 善人だとも考えていないだろう。
 そこにあるのは観察者なのか、道化者なのか、調停者なのか。

 ところで、今回でシリアス話が落着したわけで。
 次は軽いノリの話になるのかなあ。
 でもロベルタ編もファビオラメインの時は大分軽かったしなあ。
 なんにせよ、次まではまた相当待たなきゃいけないってこと。
 アニメ化もあるしね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wg2nd.blog24.fc2.com/tb.php/123-f3330189
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。