--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VRF'11の徒然

2011年12月22日 00:39

さてさて、VRF'11に参加しました。
ニコマスPVでフェスっぽくお祭りやろうぜ!ていう生放送ですね。
コチラのコミュ参照。





去年も同じお祭りがありまして、そのときは自分は見る側だったのですが、非常に興奮したのを覚えています。
ぼくは今までFESとかLIVEとかに参加したことが一度もなく、いわゆる「FESの空気感」というものをまるで知らない状態で見たんですけど、いやー熱かった。
動画が流れる30分をリアルタイムで視聴者が共有する一体感が気持ちいいのなんの。
生放送ならではの同時性と、上がったテンションがコメの煽りを受けて更に上がる高揚感と、更にそこに狙ったかのように投入される素晴らしい動画たちでゲージが振り切れる快感。
何これ気持ちいいドーパミンとかドバドバ出ちゃう!的な。

こ れ が フ ェ ス か!
(※ドーパミンがどんな成分かよく知りません)

まあ、そんな感じで凄く楽しみましたし、実際もの凄い盛り上がりでした。
テンション上がった広告民がニコポイントを狂ったように(失礼)投下していく様はまるで「人がゴミのようだ」状態。
それで更にボルテージを上げていくコメントが乱舞して、さながら狂想曲といった様相です。
(狂想曲がなんなのかよく知りません)


で、そのときは既に自分でも動画を作っていて
こんなのや


こんなので


結構手ごたえを感じていた時期でもあったので、同時に凄く悔しくなったことを覚えています。
セプタムPやヒトコトP、ツークンPといった、デビュー時期が近い人たちも参加していたこともあり
こんなお祭りに出てみてー。
出たらもっと楽しいだろうなあ、盛り上がるだろうなあー(おもに自分が)

…。

……。

………。




そう思っていた時期がぼくにもありました。




実際、オファー頂いた時は喜ぶどころかビビリまくりで。
あの盛り上がりを知っているだけに、そして参加者の方たちがいずれ劣らぬ実力者たちであろうことに(この時点ではまだ誰が参加するかわかっていません)、そして何より、ぼくが作っている動画はあんまり盛り上がる系じゃないかも!ということに。
しかも聞いてみたら、どうやら当日は2ステージ。まさにニコマス2のフェス状態。
見える!視聴者が雪崩を打ってmizuchiPのタイバンステージに乗り込む様が見えるぞ…っ!
静まり返る会場、流れないコメント、一向に増えない来場者、初めて流れたコメントは「初見ですが帰ります」。
……これは死ねる。
ていうかそれ以前に、はっきりと売れ線から外れたカテゴリの音楽でそんなに名前も知られてない自分が出て大丈夫なのか?

とまあ、ネガティブなことを妄想したのですが、せっかくのお誘いですし、出たいと思ってたことも事実ですし、「ある意味30分で何やってもいいんで」とも言われたので、参加します!との返事をしたのでした。
(今そのお誘いのログ見てみたら、返事するまで5分ぐらいしかかかってなかった。アルェ~?)

んでまあ、実際参加してみまして。
いやー緊張しました。
ホントに自分の枠見に来てくれるのかとか、盛り上がらなかったらどうしようとか、そういうこともあるんですけど、何しろ名立たるPの方々と並んで自分の動画を披露するというのが本番直前になっても信じられなくて。
気分はアニマス2の律ちゃんですよ。
顔は引きつる、手は震える、あ、何か気持ち悪くなってきた…みたいなw
ritsuko_anime1



ですが、いざ始まってみたら皆さんとても盛り上がってくれまして。
あとから色んな方のセットリストを拝見するに、30分の枠の中にテーマやストーリーを盛り込んでいる方がかなり多く見受けられましたが、テーマはともかくストーリーとかぼくには無理ゲなので、ぼくのセトリは「mizuchiPらしいなあって言われるような選曲と、楽しいって思ってもらえるような雰囲気と、あとアイドル全員出番があるように」というテーマで作りました。

新作は3つです。
自分の枠のスタートですから、派手にブチかまそうということでBrian Setzer。


Gettin' in the moodは以前に作ろうと思って挫折してしまった曲なのですが、OP曲としてはこれ以上のものはないと思って再挑戦。愛 like ハンバーガーのおかげで何とか完成しました。
余談ですが、TwitterでぎょPが「本気出せばオールスターでも1週間」とおっしゃってたので、じゃあぼくでも2週間あればできるかな~なんて考えていたのですが、結局3週間弱かかっちゃいました。ぎょPすげえ。

R&Bm@sterでも1作。Craig Davidです。


選曲で迷いに迷った1作なのですが、Beautiful Monsterの後に来るということで大人っぽくて且つ色っぽい曲を選んでみました。年長組トリオ出すならキバ付けたいなーと思って、「あずささんが律ちゃん貴音と出会ったとき」というのをイメージしてみましたが、何かそんな感じにならなかったのはぼくの力量不足ですね^^;
でも色っぽさは凄く出せたと思うので、お気に入りの一本です。

で、MerciesのBoysで1作。


セトリの流れをオールスターで開幕→年少組→年中組→年長組みたいな流れにしたかったので、ロリトリオで1曲作ろうと思ってMercies。ぼくのセトリで(というか公式曲除く自作の中で)唯一の邦楽だったりします。
製作期間が色々あってほとんど取れず、気に入っていただいた方には大変申し訳ないのですが、何というか自分の中ではもう一度作り直したい一本です…。

またまた余談ですが、最後のMerciesが完成するかどうか微妙なところだったので、セトリが最後まで確定しませんでした。で、完成しなかった時用のセトリを運営に伝えていたんですね。
結局完成はしたのですが、完成しなかった時用のセトリだったことをすっかり忘れてまして…。実は2曲目のInvincibleは4曲目に来るはずだったんです。
そうすると年少→年中→年長の流れがちゃんと出来て、なおかつ曲のジャンルもロック→ファンク→R&Bときれいに並んだのですが…やらかしちゃいましたw
でも皆さん盛り上がってくれてたので結果オーライということで。

とまあ、こんな感じでVRF参加後の徒然でした。
長くなってごめんなさい。
でもとっても楽しかったので、来年もまた参加したいなあ!と思います。
今年よりはビビらずにいけるんじゃないかなあーってw

最後になりましたが、お誘いいただいためいろっくP、versusP、Damehumanoidさん。
大変貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございます。
また、当日見に来ていただき一緒に盛り上げてくれた視聴者の皆様、ありがとうございました。

参加された皆様、また運営にかかわられた皆様、お疲れ様でした。
あなた方の存在が本当に励みになりました。ありがとうございます。

来年もニコマスでたくさん楽しい思いが出来たらな、と思いつつ。
おしまい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。