FC2ブログ

ニコマスに夢中です22

2009年10月10日 05:44

 ハイハイニコ厨ニコ厨。
 珍しく(?)ランキング外の動画ですよ。




 (・A・)P。
 アマミPと読むらしい。
 理由は主人公の名前から。

 シュヴァルツシルトというPCゲームから設定、世界観を、HOMEWORLD2というゲームから戦闘シーンを引用する、変則架空戦記もの。スペースオペラ、あるいはSFジャンルかな? 
 どちらも俺はまったくもって知らないんだけど、そんなものはお構いナシに楽しめる動画。

 スペオペといえば、俺をヲタの道に引きずり込んだ元凶、あるいは聖典ともいえる和製スペースオペラの金字塔「銀河英雄伝説」。
 コイツの初出はもう20年以上前なのだけれど、未だに愛読者が(中毒者とも言う)後を絶たないのは、重厚な世界観、設定もさることながら、登場人物一人ひとりにものすごくしっかりした肉付けがなされているからだと思う。(もちろんそれだけじゃないのは分かってる)
 逆説的に、魅力的な物語を作る要因として、登場人物の設定がどれだけしっかりしているかが面白い物語を作る一つの鍵といえる。
 
 また、いくら人物の造形がキチンとできているからと言って、それだけで面白い物語はできない。
 そのキャラクタをどのようなシーンでどのように出すか、キャラクタ自身に語らせるのか、別の登場人物との対話で引き出すのか、あるいは第三者にゆだねるのか、現在進行形で語るのか、過去の出来事として引き出すのか、さまざまなテクニックが求められる。
 さらに長い物語の場合、それをどのタイミングで出すかも大事。いわゆる構成力。
 そういう点で(・A・)Pの実力は抜きん出ていると思う。

 そして見事なのはキチンとニコマス架空戦記でないと成り立たない物語にしていること。
 ニコマスなんだから当たり前といえば当たり前なのだけど、アイドルたちによって物語が進み、それぞれの役割も元のアイドルを知っていれば「なるほど」と頷けるものばかり。
 そればかりか、いわゆるニコマス的な2次設定(春閣下とかdtpnとかJPYとか)も、設定、小ネタに上手く取り込むことで、アイマス、ニコマスを知れば知るほど楽しめる物語になっているのもすごい。
 正直言って、ここまで構成力、表現力、あるいは2次創作限定かもしれないけど説得力のある改変力を持っていたらニコマスじゃなくても凄いものが書けそうな気がする。
 良くぞニコマスに来てくれました、という感じ。

 ノベルズパートだけじゃなくて、戦闘シーンも綺麗でカッコイイ。
 元が洋ゲーということで、グラフィックも何か見慣れない感じで新鮮というのもあるのだけど、回を追うごとにキャプ画面がキチンと「見せる」用に撮影されているので、戦闘シーンがドンドン楽しくなってくる。
 (・A・)Pは動画のコメントで視聴者から要望があると次回から(できる範囲で)必ず修正してくれるから素敵。
 FBがあると視聴しようって気になるよね。

 というわけで、銀河英雄伝説や星界シリーズが好きな人なら是非見てほしい動画。
 マイリスト見てもらえば分かるけど、相当数シリーズが出ていて、なおかつ未完なのだけど、時間がある時にじっくり腰をすえて見てほしい。かけた時間だけの満足は勝手ながら保証する。
 時間ない時には絶対に見ちゃダメ。
 寝不足で仕事(学校)行く羽目になることも残念ながら保証する。
 キツかったよ…。

 個人的には各章ごとのアイドルとサブキャラの関係に泣かされっぱなし。
 恋愛あり、友情あり、過去絡みありと内容盛りだくさん。
 もー全章おススメすぎておススメできないよ!(ややこしいです)

 今まで見てきた架空戦記(つってもたいした数じゃないけど)の中でも屈指の出来の割に、なぜか再生数が伸びてない。
 これを見ていない架空戦記ファンはホントにもったいない。
 まあ、再生数のおかげかどうかは分からないけど、このシリーズの動画についているコメントはみんな親切。感想も温かいし疑問にも答えてくれるし、ギャグにもキッチリ突っ込み入れてる。
 なんつーか、ノベマス・架空戦記のお手本のようなコメ。
 そういう意味でもおススメかな? 

 つか、今まででダントツで紹介文が長い…。
 まあ、それだけ面白かったということで! 



 参考までに、シリーズのマイリスト貼っとく。
スポンサーサイト